Wとの日々

バイクでも登山でも山に行きたい…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

甲府城址散策

大学時代に山梨県に住んでいたが1度も行ったことが無い甲府城址(舞鶴公園)を散策した。

何故今更と思うかもしれないが、大学時代より城がもっと好きになっただけである。あと、夜に行くと同性愛者(男性方)が多いというのもネックであった。

そして最大の理由が甲府駅北口に山手御門が復元されていたからである。

20071017204919.jpg


山手御門からも甲府城址が見られた。


20071017204930.jpg


甲府といえば武田信玄(晴信)の居城、躑躅ヶ崎館(現武田神社)が有名だがこの甲府城は武田氏滅亡後に織田、豊臣、徳川の時代の変遷の中で造られた16世紀後期の城である。
豊臣、徳川が甲斐国における武田の時代が終わった事の象徴として、また関東圏の重要な拠点として築城された。

20071017204944.jpg


これは天守跡近くの天守曲輪。
当時のものではないが下には鍛冶屋曲輪、堀ととても立派な造りである。

20071017204952.jpg


舞鶴橋より見た城郭。

これだけ石垣を積んでいる城は当時はそうそう無かったみたいです。
考えてみれば当時の主流の城は土の土手ですから。
しかも甲府城主に徳川家が転封していたのも頷けます。

ただ残念だったのが甲府城の城郭全てを拝める可能性が低い事です。
城郭区画内に現在はJR甲府駅、山梨県庁、百貨店等が建設されておりすでにその部分の石垣は取り壊されているとの事。

明治維新後に廃城されてしまった事が悔やまれる位のスケールの大きい城でした。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/14(日) 23:00:19|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久しぶりのKAZE | ホーム | 結婚式IN山梨>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shunpei1979.blog73.fc2.com/tb.php/75-0e44a0a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

so-net

Author:so-net
宵酔いに、適当にがモットーです。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。