Wとの日々

バイクでも登山でも山に行きたい…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりの間近での富士山

s-P5020389.jpg

今日は嫁が走ってきていいとのお達しがあり、久しぶりの自由な一日を満喫しました。

多少の依頼事項があったのでそこを包含できるルートを選定して朝7:30に自宅を出立しました。
さすがにGWだけあって高速道路は混雑していましたがそこをなんとか我慢して東関道~首都高~中央道を経由して山梨県甲州市のよくしてくれる人形屋さんに立ち寄ってから河口湖方面から箱根方面へ向かう旨を話したのですが、河口湖から山中湖経由より朝霧高原経由の方が流れが良いとのことで朝霧高原経由で走ること決定し、ひとまず次の目的地の御坂峠へ。
これが御坂峠から見える天下一の富士の絶景です。

Wも同席して。

s-P5020395.jpg

風情を楽しんで

s-P5020390.jpg

ここでおいしいキノコほうとうを頂いた後にコクピットからの富士を

s-P5020391.jpg

お腹と気持ちを満足させて河口湖北側を経由して西湖経由で朝霧高原を抜け東名を少し利用して箱根を目指します。
箱根着が15:30位ですかね。

せっかくの箱根なので芦ノ湖名物でWと一緒に。

s-P5020397.jpg

がんばれ箱根駅伝!!

自由な時間は早いものでここからは小田原を経由して自宅へ向かいます。
小田原駅東口にある梅干し屋で御土産の梅干を購入し、自宅へ。

これだけ充実した時間を頂けて自宅到着19:00。

気持ちのいい疲労と満足感が満たしてくれました。

ありがとうW650、ありがとうすべての世界!
スポンサーサイト
  1. 2015/05/02(土) 23:00:00|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

走り出す前に気づいて良かった・・・。

何気ない先週末、最近Wに火を入れていなかったのでふと走るわけではないが
火を入れてみようとキーをONしたところ、普段はスピードメータ、タコメータの針が
動くところなぜか動かない…。

『もしや・・・?』

と思いつつ少しの希望を持ってキックで始動を試みる。

あえなく失敗に終わり、気にはしていたバッテリーの寿命が確定しました。

仕方がなく楽天市場で古河電工製のバッテリーを格安で購入し交換することに。
バッテリーの交換は、
①シート下のバッテリー端子を外す
②右側のサイドカバーを開け、バッテリーカバーの取り付けのM6ボルトを2本外す。
③バッテリーを外す際の邪魔になる(引っ張ると張ってしまう)配線のコネクタを外す。
④バッテリーカバーをずらして交換。

これだけで完了しました。

一つだけ(2度手間)になったことは、新しいバッテリーの端子を確認せずに
雌ねじ(四角いナット)の取り付けをしないで一度バッテリーと配線を整理したため、
後からナットを取り付けることができず、もう一度外す羽目になったことでしょうか。
最初に旧品と新品を比較すれば分かったのでしょうが寝不足だったので…。

バッテリー交換後、火を入れてみるとなんと元気なフィーリングになった事か!!

取り外したバッテリーの電圧をテスターで確認すると8.8V…。

これではさすがに駄目なんだろうな。

いろいろ勉強になりました。
  1. 2014/09/20(土) 01:00:00|
  2. バイクいぢり。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい遊び方

最近何故か近所でキックスケーター(キックボード)がアツい。

確かに試し乗りをさせてもらうと気持ちがいい。
手軽に風を感じることができます。

そして購入へ。

oxelo7.jpg

こちらの商品は前後サスも装備しており乗り心地も悪くありません。

『ちょっとコンビニまで』とか、楽しく行けそうです。

公道で使用するには若干の制限がありますが近所でこれで遊ぼうかと…。
  1. 2014/06/26(木) 23:00:00|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甲斐武田氏の終わりとはじまり

今日は山梨まで遠駆けをしました。

第一の目的地は天目山です(意味不明?)。
天目山は甲州市の大和にある旧跡です。
何の旧跡かと云うと甲斐武田氏終焉の地です。

s-P3220026.jpg

武田勝頼公廟所ということはここが武田家終焉の地です。
勝頼公廟所ですが、ここは諏訪頼重息女との嫡子、勝頼公の息子(武田家の跡取り)の信勝公の墓も同じくしてあります。


このまま説明したいのですが今回の苦労を一寸。

自宅から首都高~中央道~圏央道を経由して奥多摩周遊路で遊ぼうと思っていたら積雪のため九頭竜神社の先は通行止めで仕方なく引き返してK33からK18経由でR411へ。3連休の中日とはいえ高速が混んでいたため遠回りの柳沢峠はお昼着でした。

しかし美しい富士が待ち構えてくれました。

s-P3220001.jpg

柳沢峠の主人に話を聞いたところ、今回の目的地のK218(大菩薩初鹿野線)は冬季閉鎖とのこと。
ここで昼食をとって助かりました。
※僕のツーリングマップルには冬季閉鎖の情報がなかったので…。

目的地のために塩山側から迂回し、R20を経由して目的地の景徳院へ。

s-P3220026.jpg

s-P3220016.jpg

武田勝頼・北条夫人・信勝公の墓石です。
辞世の句も

s-P3220009.jpg

この景徳院には自害の場所といわれる勝頼公の生涯石もありました。

s-P3220012.jpg

そして少し奥に行くと世継ぎの信勝に継承したといわれる場所が。

s-P3220020.jpg

旗堅松といわれるところです。
ここ、で武田勝頼公は息子の信勝公に武田家重代の御旗(日本最古の日章旗)、楯無(森羅三郎義光公伝来の甲冑(現存する源氏八領の唯一))を継承したといわれます。

時代を考えると規模の大きい寺院ですが、武田家を思うと…。
そう感じながらJR甲斐大和駅前には立派な勝頼公像が!!

s-P3220029.jpg

37歳の若さですって!!

ここまでは武田氏の終わりでしたが今回は頑張って信玄公(晴信公)の生誕地に足を延ばすことにしました。

甲府市(躑躅が先館)の北側にある要害山城です。
もうここ、城というよりむしろ山です。

様々な曲輪、門跡を経由しました。

s-P3220032.jpg
s-P3220034.jpg

この武田不動尊は江戸時代のものらしいです。

s-P3220036.jpg
s-P3220039.jpg

ついに主郭へ。
そこには今回の目的の!!

s-P3220040.jpg

武田信玄公の生誕の場所です。

s-P3220043.jpg
s-P3220044.jpg
s-P3220045.jpg


どうやらこの史跡には当時からのものもある可能性がある。
と案内に書いてあったので主格部奥の庭石だったかもしれない石に触れてみた。
自己満足のためにこう思う。
『この庭石を信玄公も触れたかも…。』

主郭部まで僕の足で30分程度で散策できました。

探すとね…、スゴイッスヨ…。

s-P3220036.jpg

江戸時代作ですが武田不動尊のありました。

第2目的の要害山を堪能し、帰路へと向かいます。

少し山梨でしか手に入らない本を購入し、今回のツーは終わりました。

総計511K 26.7km/lと楽しい一日でした。

すべてのモノニ感謝!!
  1. 2014/03/23(日) 01:00:40|
  2. バイク
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

名族千葉氏を訪ねて

今日は3連休ということで久しぶりにWに火を入れて楽しもうかと思い始動したところ、HIDに交換したヘッドライトが点かない!!

本体の点灯状態を確認するとエンジン始動時にちょこっと点灯しすぐ消灯…。
バッテリーもだいぶ古いためバッテリーの不良を疑ってバッテリーを交換すべく千葉北2りんかんへ。
事情を説明し、バッテリーを交換と段取りが取れたのですがサービスマンが『バッテリー交換前に電圧を高くして点灯状態を確認したけど点灯しません。HIDのバラストが不良なのでは?バッテリー交換どうします?』と聞かれ、悩んだ挙句今回は交換を見送ることに…。
(2りんかん様、本当にもうしわけありません)

2りんかんに行く前に保険で持参したハロゲンバルブに戻したところ正常点灯…。
購入して1年半で不良とは。
やはりC国製は品質がいまいちなのか…?

さて、バイクが普通に走れるところでちょこっと史跡巡りをしてきました。

今回は中世時代に千葉を治めていた千葉氏の居城『本佐倉城』を訪れてきました。

今では佐倉のお城といえば京成佐倉の国立歴史民族博物館がある佐倉城が有名ですがあちらは江戸時代のもの、今回は戦国時代の城跡を訪ねました。

さすがに山城、小高い丘の上に主殿跡がありました。

s-P3210020.jpg

ここが城山と呼ばれるところで、ここより西側に奥ノ山、倉跡そのさらに西側にセッテイといわれる場所がありました。
倉跡には妙見宮なるものがあり、こちらは千葉氏の守護神として祀られていました。

s-P3210021.jpg

敷地もかなり広く、北側には東山という山(丘?)があり、こちらからは北側の景色がぬけており、南側を見下ろすと馬場の跡付近が一望できました。

s-P3210019.jpg

現在は東山馬場付近が駐車場となっており、今回はそこから散策をしたのですがさらっと流すと1時間程度、ゆっくりと廻ればどれくらい時間が必要かは不明です。

全体的に城跡がきれいに残っており、500年前の遺構としては素晴らしいと感じました。

明日は遠駆けをしようかと考えてます。
  1. 2014/03/21(金) 18:00:00|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

so-net

Author:so-net
宵酔いに、適当にがモットーです。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。